読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタープレイを“き”かせてくれ

ジャズ好きな、そこそこ年のいったライターのブログです。周囲の誰よりも早く、コレステロールの薬飲み始めました。

岩手県 花巻 宮沢賢治について

東北出張がてらの旅行に出掛けていた僕は、宮城から北上し、仙台→松島→女川→花巻へと移動した。

 

花巻での目的はもちろん宮沢賢治。2016年は、賢治生誕120周年。

 

なにがしか豪勢にイベントでもあるのだろうと駅を降り立つと、

そこには人っ子1人いない「THE 田舎の駅前広場」が広がっていた。

 

時間は16時くらいだったろうか、あまりにも何もなく、店も開いていなく、ゾンビ映画の冒頭20分のようなゴーストタウン。

 

昼から何も食べていなかったので、岩手名物蕎麦でもいただこうかと思っていたが、とにかく店が休み。

 

腹を空かして彷徨っていると「ブッシュ」を見つけた。

 

「ブッシュ」とは、藪屋総本店のこと。

 

宮沢賢治がよく訪れたそば屋のことで、ここの天ぷらそばとサイダーをよく好んだそう。

 

今も賢治セットという、天ぷらそばと瓶の三ツ矢サイダーがセットになったものがある。

早速それを注文した。

 

そばが好きなので、有名店や各所でそばを良く食べる。

 

宮沢賢治ゆかりの地であるからして、いかに高級なそばかと思ったら、サイダーとセットで800円だったと思う。

 

味もよくできたうまいそばという感じで、気取ってもいなければ、変わってもいない。

モミジおろしが付いている以外は、カツオの効いたいいそばであった。

 

そばを噛みながらサイダーを飲むと、不覚にも涙が溢れてきた。

 

宮沢賢治は、この何もない、人も多くはいない土地で、たまの贅沢といえば天ぷらそばを食い、酒ではなくサイダーを飲んでいた。

 

そして家に帰れば、文机に向かって、こども達に夢を与えるような“素敵な”お話を考えては原稿に起こす。

朝になれば教鞭をとり、夜になればまたペンを走らせる。

 

酒をふんだんに飲み、東京に集まる古今東西のうまいものを食らう、自分の発想のいかにチンケで貧相なことか。

 

花巻は、決して裕福な土地ではない。奥州藤原氏の時代はどうであったか知らんが、近代ではいかにもな田舎町で、自然のみが溢れているような土地だ。

 

そのただ中で、宇宙を夢見て、幻想を書き出す1人の漢がいたなど、到底想像できない。

 

才能、ではなく、心の問題なんだろう。

 

そばつゆを空けて、サイダーを流し込むころには、温かいそばを手繰ったせいか、鼻をすするのが止まらなかった。

 

店を後にすると、子供の一団が店内に入っていった。

部活の帰りに、引率の先生と食事をするらしい。

 

輝くような目がキラキラと光り、ジョバンニとカムパネルラが旅する銀河を見たような気がした。

 

一生懸命やりなさいと、そう言われたような気がして、少し背筋を伸ばしながら、また人気の無い街を、駅へと向かって行った。

松島観光について

先だって、撮影の案件によって宮城県を訪れた。

 

手前味噌もいいとこながら、なかなかアーティスティックな撮影を行うことができたと自負しており、会社の報告書にそう記した。ものの1時間で、全社員からツッコミをもらうほど順調な仕事内容だ。

 

そのまま帰宅することもできたものの、転職以来1度も使ったことのない遊休、もとい、有給を使用してみたくなり、2年ぶりに休暇を得た。

 

仙台で1泊2日の仕事を終えたのち、15日午前に雑務を終わらせ、午後から、晴れて懲役免除となった。

 

敬愛する荒木飛呂彦先生の作品舞台となっただけあり、関東地方とはまた違った趣の街並みは、舌だけではなく目でも存分に楽しませてくれる。

 

そんな仙台とも、早々にグッドバイして、松島での宿泊とすることとした。

 

道すがら、実家に稲荷社があるご縁で、本筋である塩竈神社に参詣。

 

本宮にご挨拶を済ませて裏参道から下ろうとすると、遠く彼方に松島を見た。

 

ハッと足を止めるほどの迫力があり、すわ日本かと思うほどの絶景だ。

 

これからあそこに行くのかとワクワクしながら電車に乗ったが、仕事の疲れも相まって早々に失神。

 

気づけば石巻の手前にさしかかろうとした所。

慌てて引き返し、這々の体で宿にチェックインした。

 

実は1番手だった、部屋からの絶景を売りにした旅館からは単身旅行を理由に断られ、

(知り合いの旅館経営者に聞いたところ、単身者の豪遊旅行は自殺の危険があるからだとか)

2番手としたこの旅館。

 

小高い山の上にあり、はて登山道だったかと思えるほどの坂道をのぼる。駅から徒歩20分。

 

遠い…が、部屋からは日本三景を遙かに見下ろすことができ、古いながらもサービスの行き届いた宿は満足の一言。

 

仙台市内で泊まった、お水のお姉ちゃんが出入りするシティホテルは、一体なんだったのかと思いをはせながら(夜の宿泊客の元気さには辟易した)、夕飯に出掛ける。

 

獣道のような公道をくだり、コンビニの駐車場から海岸へ抜けるという、天性の方向音痴を駆使したナビゲーションにより、無事海岸まで到着。夕暮れに染まる松島は、空の曇天などまるで感じさせない美しさだ。

 

フラフラ歩きながら、近くの海鮮料理屋「さんとり茶屋」へと訪れた。

 

カウンターで供される三陸のうまい幸。瓶ビールはたちまちなくなり、焼酎に手を出す。

シェリーカスクで熟成されたという香りのいい仙台焼酎「壱」をたらふく飲み、手持ちぶさたなので、地元紙の河北新報を読む。

 

至福の時間とはこのことで、地元紙のゆったりとした地域面も、また良い肴だ。

 

料理に舌鼓を打ちながら店内に目を向けると、大変活況とした店にも、震災の跡は残っている。

 

人の良い親方の立ち回るカウンターには、津波の到達した高さに張り紙があり、さきほどまで地方の遊興を伝えていた紙面も、1枚めくれば震災関連ニュースが続く。

 

ようやく岩手の被災者に、車の貸し出し準備が整ったという記事を見れば、震災復興などまだまだ道半ばなのだと理解できる。

 

食べ付けた相模湾の魚よりも、脂ののった身は、存分に旬を味わわせてくれた。

帰り際に、女将さんと少し話しをすると、店の混雑による配膳の遅れをしきりに謝ってきた。

 

特段、気にも留めていなかったが、その気遣いには敬服する。

 

人もいい、肴もいい、酒もいいとくれば、文句の付けようもない。

 

外にでると、眼前に広がる黒い海。ふんわりと香る潮の香りに、まあ見るだけが観光ではないと満足していると、月明かりが厚い雲から差し込んできた。

 

人工的な光の乏しいこの湾内に、突然、満願色の景色が浮かんでくる。

 

近くの喫煙所で食後の一服に火を付けた。

日本三景を横目に、胸に溜まったオリと一緒に、煙を吐き出す。なんとも贅沢な一服である。

 

なんとはなしに歩いて帰りたくなり、さきほど下ってきた坂道を登る。

 

遠くに見える宿の明かりに、やっぱりタクシーを拾えばよかったかと後悔を感じたものの、振り返った遙か眼前にある景色を見れば、案外これも悪くなかったように思う。

 

所詮門外漢である私に、復興云々など語るべくもない。

 

ただ、この日本でも有数の優しさを持つ人々の胸を借り、話を聞きながら酒を飲ませていただいた。その酒が最高にうまかった。今、この場においては、それでけでもいいのかもと思った。この出来事を忘れなければ。

 

ふと窓を見れば、塩竃灯台だろうか。暗い室内にちらちらと灯りがさす。

自然という強大な災難に包まれた人々は、それよりも強い心を持って、この街に根をおろしている。

 

「松島や ああ松島や 松島や」とは、松尾芭蕉が詠んだ句だが、今となっては、景色を指すことだけではないのだろう。

 

強い、強い人々の魂に、少し涙が出る。

 

二の句がつげぬとはまさにこのこと。

 

うまい一杯を頼りに、もう少し頑張らなくてはと思いながら、年相応に疲れた足をもみ、床につく。

一関 ベイシーについて

岩手県の一関駅から徒歩20分位だろうか。

 

うらぶれた、という表現がこれでもかというほど似合う商店街を抜けると、

予想通りの住宅街にでる。

 

人通りのない、暗い街に淡く光る木製の入り口。

近づけば近づくほど聞こえてくる、ジャズ全盛期の、あの時代のセッション。

 

ジャズ喫茶  「ベイシー」

 

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

かっこ良かった!!!!!!!!!!

 

母ちゃんの股からスキャットしながら出てきたと言われるほどジャズ好きな私。

 

特に、モダンジャズの完成形でもある(と、思っている)ハードバップは学生時代から一番聞いている。

 

都内に住んでいるのに、ジャズ喫茶には一度も入ったことがなかった。

大体なぜ「ディスクユニオンで数百円でアルバム1枚が買えるのに、数曲聞くのに1,000円近く払わなければいけないのか」

 

とか、思ってた僕!! 馬鹿野郎! 

レコードってすげーぞ! 大きなキャビネットで発される音、録音とは思えねーぞ!!

 

意外とデジタル世代のアラサーなため、MP3とCDが主流。レコードは正直、初めて聞いたに近い。

 

f/1ゆらぎだとか、音域だとか、昔仕事で少し書いたことはあったが、本人が聞いたことのないというのだから、いかにもしまらない話だ。

 

ベイシーでは、最初にコーヒーかアルコール類か聞かれる。

僕は、一杯飲んでから行ったのでアイスコーヒーを注文。

 

アイスコーヒーと共に小さいチョコレート菓子がついてくる。

まるで、パーカーやソニークラークのモノクロライブ写真に、色を付けたようなオシャレな店内に、

チープな色味の包装そのままお菓子なんて、コントラストが面白い。

 

アイスコーヒーをすすりながらお菓子の包装を解こうと下を向いたとき、

おかしな感覚を感じた。

 

まるで目の前にコルトレーン・ジミーギャリソン・マッコイ・エルヴィンがいるように感じたのだ。

 

驚いて前を向くと、そこにはスピーカーと前の方の席に座ったおっさんの後頭部。

 

再び下を向くと錯覚。頭を上げればいない。を繰り返した。

 

音量が生音に近く設定されているのもあると思うが、

なんかあのうっすらとした雑音のようなものがリアルな演奏を再現しているようだ。

 

これは驚いた。すごいな。

簡単に音楽を持ち運べて、便利なものに世の中は置き換わっていると思っていた。

しかしながら、どうやら、より簡単でチープなものにすげ替えられているというのが正しいようだ。

 

SNSしかり、結局リアルを再現するには、デジタルにはまだ魂を入れる何かが足りないらしい。

 

お店に入る時は、マイルスの「in person」、その後コルトレーンの「John Coltrne Qualtet Plays」、最後はなんと変拍子の変態ビッグバンド、Don ellis「Live in Montreau」を流していた。

 

いずれも圧巻。

 

特にDon ellis「Live in montreau」は、MC中に飛行機が上空を航空し、トークが少し止まるというハプニングがある。

 

その音の一粒一粒がおもしろくて、なんだか会場にいるような気分になった。

 

マスターが気まぐれにレコードを変えるとき、まるで映画の始まりのように静まり返る。この瞬間もまた、たまらない。

 

22時ごろまでの営業とネットで見ていたが、20時には閉店。19:30前に入店したので、わずか30分ほどの滞在。

 

正直、3.4時間はいられるな。

 

ただし、来店前に酒を飲むと、肝心なところで便所に行きたくなる。

 

僕は3回行った。

 

是非酒を飲まずに行くことをおすすめする。

(トイレにも灰皿があり、昔のジャズクラブにタイムスリップしたような気分になる。健康! 健康! うるさい、禁煙家なんてヤツは来なくていい。そのゴーマイオウンウェイな姿勢が、またいい。なんでもかんでも文句つけるやつばっかでうるせーんだよ最近は。そんなに長生きしたいほど素晴らしい人生なら、文句言わずになんかいいこと言えや!)

 

帰り際、評論家としても有名なマスターが、煙草を指に挟みながらレコードジャケットを持っていた(麻のジャケットと煙草があんなに似合う人初めて見た)。

 

まっすぐと吐き出した煙の向こうに見えたジャズレジェンドの顔は、ポスターでもジャケットでもなく、どうも幻覚でもないらしい。

 

日本一のジャズ喫茶なら、あこがれのあのプレーヤーがいたっておかしくない。

 

店を出ると、自然とポケットに手をつっこんでしまう。

 

相変わらず商売っ気のない商店街は静まりかえっていたが、あの店は現代には存在しないんだろう。

 

ドアの向こうにつながっているのが、50年代後半から60年代前半のいずれかだと言うならば、まるで関係ないとでも言うように静かな商店街にも、妙に納得できる。

 

ジャズ好きのためのタイムマシン装置。

そんな店だった。

スーパー銭湯について【葛西:湯処葛西】

いい。実にいい。今まで訪れた都内のスーパー銭湯の中では、抜群にいい。

 

ただし、遠い…。葛西駅から徒歩15~20分。これだけのために歩くというのは厳しいものがある。

 

バスなんかも走っているようなので、こっちをおすすめする。

 

まず、葛西というところは治安が悪いような気がしていた。

こう言っちぁなんだが、治安が悪い地域にあるスーパー銭湯はマナーが悪い人が多い(全員そうとは言えないが)。

 

子供は金切り声をあげながら走り回り、我関せずで湯船につかる親。風呂をでるときに子供に声をかけるまで、どれが親なのか分からないほど無関心。洗い場でションベンをするじいさんや汚れた設備。これが、なぜか治安が悪いとされる地域のスーパー銭湯の特徴だ。

 

なぜかは知らんが、多い。

 

ここ、湯処葛西はそんな部分が一切ない。

使い込まれてはいるが、清掃された施設。少し騒いだ子供がいたが、強面の親父が、何故騒いではいけないのかを理論的に説明していた。

 

他の風呂屋では、浴槽が広く空いているのに、なぜか真隣か真正面に入ってくる人がいる。なぜ景色のいい方を見ないのか、そして真隣に来るのか意味が不明だが、ここの銭湯では全員が全員いい距離感でのんびりしている。

 

言うなれば「エロビデオコーナーの“紳士的”振る舞い」に近い。

 

露天が売りで、湯船は38度くらいのぬるめから、40度少しのオーソドックスなものまである。他にも寝湯(普通の寝湯と違い、石の台の上をあたたかいお湯が流れていくタイプ)や座湯(これまた、滝のようにざばざば流れてくるものではなく、椅子上になった台にあたたかいお湯が這うようにながれていくタイプ)があり、特に寝湯は人気だ。

 

内湯もジェットバスがあったりとゆったりとお風呂を楽しめる。

 

露天のライティングなど雰囲気も良く、満点な楽しみ方ができた。

夕暮れに目をやれば、時折飛んでいく飛行機のシルエットが美しい。

 

施設周辺の道路なども広く、風が抜けるようで夏場にはちょうどいい涼しさだった。

 

飲食コーナーはフードコート式。残念ながら食べる時間は無かったが、おつまみ類は300円単位のものもあり、リーズナブルな印象だ。

 

マッサージコーナーは、飲食コーナーの近くであまりくつろげなさそうだったが、覗いてみると利用者が結構いる。惜しむらくは、畳敷きのような休憩スペースがなかったことだが、平日600円の利用料金でそこまで言うのは虫がよすぎる。休日は100円あがるようだが、その価値はありそうだ。タオルはデフォルトではついていないので、100円で手ぬぐいを購入するか持ち込む必要あり。

 

西東京の方に住むのをやめて、葛西に引っ越そうかと思うくらい、良かった。

スーパー銭湯について【御茶ノ水:神田アクアハウス江戸遊】

神田というか、御茶ノ水駅からのが近かったと思う。歩いて15分位だろうか。

 

一見して古い会社がいくつも入っている地味なオフィスビルだ。

 

スーパー銭湯というよりも、普通の銭湯に近い形式だ。

 

浴槽もきれいだし、洗い場も普通。あえて言うなら、浴槽が狭く、男性のひげ面やあたたかさにまどろむ顔面をまじまじと見ながら入ることになることだろうか。

 

その近さたるやマツゲまでよく見えるので、なんとなく親近感を抱くほど。

 

休憩スペースは畳敷きの部分と一人掛けの椅子があるフローリング部分に分かれている。

 

畳ではねっころがって眠れるよう枕みたいなものがあったと思う。

ものすごく施設が充実している訳ではないものの、これはこれでいい。

 

夏に汗をかいた出先で、すっと入れるタイプだ。サウナは別料金で、入浴だけなら500円ほどだった。

 

3時間という時間制限はあるが、ここで3時間いるのはかなりの猛者だろう。

 

いいとこ2時間くらいがちょうどいい。

 

タオルは別料金とられるので、持参が必要。

結構混んでいるので、なにかと金額がかさんでしまう。是非フェイスタオルくらいは持って行くことをおすすめする。

焼酎の割りモノについて

焼酎愛好家にとって、焼酎の銘柄・原材料はもちろん大切だ。麦であればスッキリとした味わいであるし、芋であれば独特の香りがある。どちらもロックにするか水割り、はたまたお湯割りか。米焼酎に梅干しなんてのもいい。そういえば、実家から送ってきた梅干しまだあったっけ。

 

さて、そんな焼酎ではあるものの、甲類、となればお話はがらりと様相を変える。言ってみればラブロマンスからスプラッター並みの変化だ。

 

甲類という焼酎は、原材料を連続式蒸留器とかいうマシン的なもので作るらしい。そうでない、瓶なんかで醸造するものを乙類というらしい(よく分からん)。

 

連続式蒸留器とかいうものを使用すれば、高いアルコールが抽出できるらしく、新式焼酎とか呼ばれている。うん、なんか機械的な感じだもの。

 

飲む側からすれば、乙類はロックなどで焼酎本来の香りや味を楽しむ。甲類はレモンサワーやウーロンハイなど、割りモノでやるという程度だ。

 

そういや、乙類はメーカーで味が全然違うが、甲類は概ね同じような、香りの少ない味であったような気がする。

 

とにもかくにも、甲類は焼酎を他の飲み物で【割る】のだ。

 

これが結構大変だ、なんせ焼酎自体の味は大体同じ。つまり割りモノで味わいを大きく変えてしまう。しかもペットボトル入りの飲料水なんてスーパー・コンビニともケツの穴のシワよりもたくさんありやがる。

 

自分でお茶でも淹れて、凍頂ウーロン茶割りなんて作れば、組み合わせは無限にも思える。

 

三ツ矢サイダーで割ったりしたが、なかなかしっくりこない(炭酸がうすく感じるのだ)。

今まででいい! と思ったのは、

 

 

・トマト ーあくまでトマトをつぶしたやつ。ミキサーとかじゃない。でろりーとした部分の食感がいい。塩をお好みで入れるとなお良し。

・ファミマのジャスミン茶 ー香りが強いので、さっぱり飲める

・ミネラルウォーターを沸かしたお湯 ーこれは水道水よりも断然ミネラルウォーターをおすすめする。香りが違う、香りが。

 

くらい。

サントリーのウーロン茶なんて定番に見えるのに、ちょっとしぶいような気がしてしまう。

あと、普通に飲んでおいしい炭酸飲料は、焼酎と割ると全然炭酸を感じない。

 

やはり一番おいしいのは、焼酎割る用のサワーだろう。炭酸も強いから飲む時もちゃんとシュワシュワと発泡するし、味もちょうどいい。

 

日本企業の技術力、そしてちょっと安めの金宮焼酎の紙パックに、感謝。

スーパー銭湯について【荻窪:なごみの湯】

荻窪駅から徒歩5分ほど。

 

駅近の好立地にあるスーパー銭湯。なごみの湯。

荻窪在住という「さくらももこ」のイラストが随所にちりばめられているのが目印。

 

会員になると数百円の入浴料が減額され、使用に応じてポイントがたまる。

ただし、ポイントは支払いに使用できないようで、景品との交換。

 

男湯は内湯が4湯(うち1つは水風呂)。露天として壺湯2湯、通常の湯船1湯。

 

露天からは隣のビルの打ちっ放しのネットが見える。夜間はスポットライトに照らされたネットがどことなく情緒的。

 

入ったことはないが、岩盤浴などもあるらしい。

 

ボディマッサージや足つぼもあり、足つぼは結構レベルの高い施術が行われる。

 

3階には食事処が設置され、季節のメニューや10割蕎麦を売りにしている。

金額もお安く、お酒はボトルサーブもできる。

大抵のものはある程度おいしいので、風呂上がりの酒を楽しみにしている人にはうってつけだ。

 

総評としては温浴施設がよくない。

床は若干ぬるっとしているし、随所に汚れが目立つ。

 

特に、照明関係の傘の中に虫が死んだままになっているところを見ると、ちゃんと掃除しているのかと不安になる。

 

おまけにシャワーの放出時間をけちっているため、2秒程度しか流れない。

頭をシャンプーで洗った後に、2秒程度ですすぎきれる訳でもなく、うっすらと目を開けながらなんどもシャワーノブを押すことに…。

 

近場にスーパー銭湯がないので仕方なく使用しているが、選択肢があれば二度と行きたくないところだ。

 

とはいえ、スチームサウナに塩が常設されていて、体に塩をまぶして汗を流すのは気持ちいい。

 

一長一短で、なかなか揃ったところがないのは、悩みどころだ。