インタープレイを“き”かせてくれ

ジャズ好きな、そこそこ年のいったライターのブログです。周囲の誰よりも早く、コレステロールの薬飲み始めました。

焼酎の割りモノについて

焼酎愛好家にとって、焼酎の銘柄・原材料はもちろん大切だ。麦であればスッキリとした味わいであるし、芋であれば独特の香りがある。どちらもロックにするか水割り、はたまたお湯割りか。米焼酎に梅干しなんてのもいい。そういえば、実家から送ってきた梅干しまだあったっけ。

 

さて、そんな焼酎ではあるものの、甲類、となればお話はがらりと様相を変える。言ってみればラブロマンスからスプラッター並みの変化だ。

 

甲類という焼酎は、原材料を連続式蒸留器とかいうマシン的なもので作るらしい。そうでない、瓶なんかで醸造するものを乙類というらしい(よく分からん)。

 

連続式蒸留器とかいうものを使用すれば、高いアルコールが抽出できるらしく、新式焼酎とか呼ばれている。うん、なんか機械的な感じだもの。

 

飲む側からすれば、乙類はロックなどで焼酎本来の香りや味を楽しむ。甲類はレモンサワーやウーロンハイなど、割りモノでやるという程度だ。

 

そういや、乙類はメーカーで味が全然違うが、甲類は概ね同じような、香りの少ない味であったような気がする。

 

とにもかくにも、甲類は焼酎を他の飲み物で【割る】のだ。

 

これが結構大変だ、なんせ焼酎自体の味は大体同じ。つまり割りモノで味わいを大きく変えてしまう。しかもペットボトル入りの飲料水なんてスーパー・コンビニともケツの穴のシワよりもたくさんありやがる。

 

自分でお茶でも淹れて、凍頂ウーロン茶割りなんて作れば、組み合わせは無限にも思える。

 

三ツ矢サイダーで割ったりしたが、なかなかしっくりこない(炭酸がうすく感じるのだ)。

今まででいい! と思ったのは、

 

 

・トマト ーあくまでトマトをつぶしたやつ。ミキサーとかじゃない。でろりーとした部分の食感がいい。塩をお好みで入れるとなお良し。

・ファミマのジャスミン茶 ー香りが強いので、さっぱり飲める

・ミネラルウォーターを沸かしたお湯 ーこれは水道水よりも断然ミネラルウォーターをおすすめする。香りが違う、香りが。

 

くらい。

サントリーのウーロン茶なんて定番に見えるのに、ちょっとしぶいような気がしてしまう。

あと、普通に飲んでおいしい炭酸飲料は、焼酎と割ると全然炭酸を感じない。

 

やはり一番おいしいのは、焼酎割る用のサワーだろう。炭酸も強いから飲む時もちゃんとシュワシュワと発泡するし、味もちょうどいい。

 

日本企業の技術力、そしてちょっと安めの金宮焼酎の紙パックに、感謝。