読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インタープレイを“き”かせてくれ

ジャズ好きな、そこそこ年のいったライターのブログです。周囲の誰よりも早く、コレステロールの薬飲み始めました。

欲求とバランスについて

1つの商品を見て、これはどのような構造なのだろうか。なぜこのような効果が得られるのか、気になることがある。

 

火も使わず、何故暖房は暖かくなるのか。なぜ蛇口をひねれば、水道から水がでるのか。ラーメンって、ほとんどの人が固めを注文するんだから固めがデフォルトでいいんじゃね? とか。

 

この世には自分の知らない技術・常識が溢れている。それらの理由・根源を知りたいと思うことは、いわゆる知的欲求であって、特に抑制する必要のないものだ。

 

そんな欲求に準ずるものなのか、迷うものがある。

 

それは、人の給料を知りたいという欲求だ。

こればっかりは知的欲求と呼んでいいものか……?

 

別に人の給料など知って何になるのか。もらっている給料など、社会的評価の指標の1つではあっても、決して人間性を推し量るこのできるものではない。

 

月給50万の人よりも、時給800円の人の方が、社会的影響を与えることなどざらにあるのだ。

 

しかし、どうも知りたい。特に、同じ会社の人間。

 

別に隠そうがあけすけにしようが問題ないものだと思う。自分なんて、聞かれたらすぐ言ってしまうし。なのに、なぜか同僚・先輩達は隠すのだ(会社には、僕の次に若い人は7歳年上なので、みんな先輩と言えば先輩か)。

 

隠されると知りたくなるのは、女性のパンチラから海賊王のお宝まで同じ。

今、知りたくて知りたくてしょうがないのだ。

 

なぜ、このような話しをしているのかと言うと、これを書いているお昼休み中、目の前の先輩のデスクの上に、今日配られた給与明細が置いてあるのだ。

 

オフィスに他に人はいない。見るなら今しかないが、さっきからニーチェの著書「善悪の彼岸」がちらついている。

 

見たいのに見れないせいか、さっきから安くなっていたので大量買いした千歳飴をいくつもしゃぶっている。

 

なるほど、欲求とは1つが満たされないならば、他の1つで満たすものなのだ。

 

どうりで、クリスマスも1人者の予定の、僕の腹は出ている。