インタープレイを“き”かせてくれ

ジャズ好きな、そこそこ年のいったライターのブログです。周囲の誰よりも早く、コレステロールの薬飲み始めました。

弁当の冷えたごはんについて

弁当男子だの、弁当女子だの、ちゃらちゃらしやがって! 男はだまって立ち食いソバでも手繰ってろ!

 

そんなことをのたまわっていたのは少し前。いまでは立派な「弁当おっさん」である。

 

弁当の良いところはやはり、手早く、ヘルシーに食事を済ませられるという点だろう。

職場である新宿界隈のランチ時の人の出は筆舌に尽くしがたく、

人波にのまれる様は、荒海にこぎ出した初心者サーファーの様相を呈する。

 

ヘルシーという部分は、実を言えば、なんとはなく気分的なものだ。

弁当の主役である米と、焼いた肉、煮物野菜、漬け物などを付ければ、

塩分とカロリーは結構な数値となる。

 

もっと下世話なメリットを上げるならば、弁当を持参することでお金が浮く。

 

外食が軒並みすべて高いという気はないが、一汁一菜に小鉢などをつけようものなら、

カロリーが溜まるだけではなく、たちまち財布に住まう文化人達が、

ベンジョンソン並みの助走で走り出ていってしまう。

 

それらを総合して、あれだけバカにしていた弁当を持って行動するようになった。

 

食べる所はもっぱらオフィスである。屋外で行き交う新人OLや、オフィス街に迷い込んだ不思議の国のアリスとも言うべき老婆、なぜか集団行動を好むスーツ姿のおっさん5人衆などを眺め、青空の下弁当の蓋を開けるのもいいだろう。

 

しかし、どうしても冷えたごはんだけは許せないのだ。

 

冷えたご飯はレジスタントスターチがうんぬんかんぬん、などと言う科学的、ましてくそったれの健康マニアのようなことを言うつもりはない。

 

単純に舌触りがイヤだ。冷たいごはん独特の、水分の抜けた感じというか、ぺっとりとした感じというか。

それを感じただけで、お腹は空いていても、食べたいという欲求が失せてしまう。

 

これはいわゆる駅弁などにも言えることで、電車の中でご当地駅弁を食べている人を見ると、旅情を感じうらやましいと思う一方、そんなもの食べて・・・・・・という偏見にさいなまされることになる。

 

これらの包括的な解決策は、電子レンジなのだ。

 

温めれば問題ナッシィング!! お金は浮くわ、ヘルシー(気分的)だわ、好きなものを食べられるわ、世は事も無しである。

 

そのためにこそ、電子レンジがあるオフィスを主戦場とせざるをえない。

 

しかしながら、独身30台のタッパーに詰めたオフィス内弁当は、

どうにも意味深に見えるらしく、同僚からの目線が痛い。

 

今日も今日とて、電子レンジの奏でる昼食の合図を楽しみに、もう少し働こう。