インタープレイを“き”かせてくれ

ジャズ好きな、そこそこ年のいったライターのブログです。周囲の誰よりも早く、コレステロールの薬飲み始めました。

“○○離れ”について

過日、知り合いのライターA氏と食事をしているときのこと。

 

となりの席で「また若者の“○○離れ”だよ。なんでも離れさせられるな」「人口少ないからじゃないの?」

なんて会話が聞こえてきた。

 

A氏は「そういえば“離れ”ってよく目にするよね」

なんて独りごちていた。

 

そういえば、よくインターネットの配信ニュースで、目にする気がする。

A氏「トレンドが違うから、だんだんと趣味嗜好が違う風になるんだろうね」

僕「そうですね、まあ、江戸時代の食事と、今の食事の内容が違うように、どんなものでも変化していきますからね。栄枯盛衰ですね」

 

と、話していた。

 

A氏は、あんまりweb媒体では仕事をしていない。

そういえば、紙や新聞では、書いたことも、あまり目にしたこともない。

 

A氏「しかし“離れ”ってなかなか悪意あるよね。それを消費しないことが悪いみたいなさ」

 

なるほど、そんな考えもあるのか。僕は単純に

 

「いや、タイトルの文字数、スマホ表示に合わせるのに短くしたいから“○○離れ”にまとめてんじゃないすか」

 

なんて話した。

 

現状、多くのweb記事の対象は、スマホ表示を指標にしている。

SEO対策なども含めて○○文字以内、と各サイトで概ねを提示している。

 

そうすると「消費が落ち込み」とか「消費量の落ち込みで」という文字数よりも、

「離れ」と2言で表記した方が、ほかのワードを折り込みやすいんだろう。

 

使い勝手がいい短めのワードは、確かに重宝する。

それに“離れ”という言葉に、(いろいろな意味で)反応した人間がクリックしてくれるのを待っているんではないかと思う。

 

誰が最初に考えたか知らないが、非常に便利だ。一石二鳥というやつである。

今度使ってみようかな。

 

とにもかくにも、

江戸時代の人から見たら、こう言われるんではないだろうか。

「未来人の心離れ」

書いた人も、読んだ人も、誰も得はしないような気がする。

寄り添おうという気持ちではなく、一概にカテゴリー分けされた怒りと、PV数を上げようという気持ちが、益々、両者の距離を離してしまう。

 

それよりも、生産者の人と一緒に、その“離れ”てしまったものへの魅力でも取材した方がいい気がする。

 

そんな、無用なことを考えてしまった。