インタープレイを“き”かせてくれ

ジャズ好きな、そこそこ年のいったライターのブログです。周囲の誰よりも早く、コレステロールの薬飲み始めました。

直木三十五について

直木賞芥川賞の受賞者が公表となった。

 

文学賞の中でもひときわ有名な賞でだ。

 

知らない人は多くないだろう。

 

少し前、といっても体感的なもので、実際には随分前に、金原ひとみ綿矢りさ芥川賞を受賞した際に、受賞作品を読んだ。

 

金原ひとみの、蛇にピアスは、純文学というよりも倒錯した性の羅列のように感じ、綿矢りさのインストールは、ウジウジとしたただ暗い作品のように見えて、それ以降は芥川賞直木賞の受賞作品を読むことはなかった。

 

今回、直木賞受賞作品のタイトル、月の満ち欠け、という、美しい言葉に惹かれて、本屋に向かった。

 

最近は、とかくセンセーショナルなタイトルや、客寄せに近いような装丁が多いが、シンプルかつ聰明な言葉遣い、ふわりとした表紙に惹かれる。

 

住んでいる三鷹駅近くの本屋に行くと、どこにも平積みとなっていない。

 

発表されたばかりだから、派手なポップに大量の平積みにでもなっているかと思ったのに、随分と探し回った。

 

あったのは、レジ横の小棚。

 

3冊ほど置かれ、ハガキほどの紙に直木賞受賞作品と申し訳程度に書かれていた。

 

江戸時代の歌会の多くが名前としてしか残っていないように、賞、というのは栄枯盛衰。

 

いつかは威厳を失い、先細りになっていくのだろう。

 

それにしても、なかなかに小さな扱いに大層驚いた。

 

この本屋だけなのかもしれないが、それにしても小さな扱いだ。

 

そういえば、直木賞の名前になっている、直木三十五の作品を読んだことがない。

 

周囲の人間にも、読んだ者は多くなかった。

 

案外、そんなものなのかも。

 

月の満ち欠けは、美しい日本語を持った、綺麗な作品だ。

 

読み進めていくのが、楽しみだ。